暴風や猛吹雪に警戒を 強い冬型

気象庁は13日、強い冬型の気圧配置が続くとして、北日本では暴風や猛吹雪による交通への影響に警戒するよう呼び掛けた。14日にかけて北日本や北陸を中心に大雪や雪崩にも注意が必要としている。

気象庁によると、発達した低気圧がオホーツク海にあって、13日夜には北海道の東海上へ進む。北日本の上空約5000メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は13日夜にかけて強い冬型の気圧配置が続く。

北日本では海上を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道25メートル(35メートル)、東北、北陸18メートル(30メートル)。

北日本や北陸を中心に14日にかけて大雪となるところがある。14日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、北陸60センチ、北海道、東北、関東甲信50センチ、東海、近畿40センチ。

 

どろ豆乳石鹸どろあわわ+どろジェルクレンジング

Recommended For You

About the Author: wakana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です